大阪名物【たこ焼き】~銅板・鉄板編~

こんにちは!
West-takeover
(ウエストテイクオーバー)
代表の西胤(ニシツグ)です!

前回のブログでは
当社のたこ焼きについて
簡単に投稿させていただきました。
今回は鉄板と銅板の違いについて
投稿させていただきます!

プロのたこ焼き器には
鉄板と銅板があります!
では鉄板と銅板の違いを大きく分けて
4つの観点から
ご説明させていただきます。

1.熱伝導率
2.コスト
3.メンテナンス
4.耐久性

1.熱伝導率

たこ焼き

まず熱伝導率とは
簡単に言うと熱の伝わる速さの違いです。
熱伝導率がいいと
早く商品に熱が伝わるため
商品が早く焼きあがります。
鉄板と銅板だと、
銅板のほうが鉄板より熱伝導率が
良いといわれております。

たこ焼きを速く回せる方は
銅板のほうがより収益を
上げることができます。

2.コスト

鉄と銅では値段が大きく異なります。
鉄板18穴→約5,000円
銅板18穴→約10,500円
銅板は鉄板に比べて約2倍
コストが必要です。

初期投資を抑えたい方は
鉄板のほうがいいかもしれません。

3.メンテナンス

鉄板は基本的に定期的な
メンテナンスは不要です。
銅板は表面に焦げが付着し
真っ黒になってきます。
この状態で焼き続けると
たこ焼きの表面に焦げが
付着する恐れがあります。
定期的に専用の粉を使い
メンテナンスをしてあげる
必要があります。

たこ焼き

左 before      右 after

ただ、この作業が本当に
大変で面倒です。

メンテナンスなどの時間を
とれない方は
鉄板のほうがいいのかもしれません。

4.耐久性

銅板は長年使用していくと
真ん中が沈み、端が上がってきます。
こうなってしまうと、
生地を入れた際に
均一に広がりません。
鉄板は熱に強く
銅板よりは長く使用できます

耐久性やコスト面を考えると
鉄板のほうがお得です。

まとめ

以上の4つ観点から
まずたこ焼き屋さんは
どちらの焼き台するかを
決めなければいけません。
これからたこ焼きを
食べに行かれた際には
鉄板で焼いているのか
銅板で焼いているのかを
ぜひチェックしてください!

たこ焼き 大阪

 

大阪から日本全国へ出店いたします!090-5650-9495お気軽にお電話ください。

メールでのお問い合わせ お問い合わせ・お見積りはクリック